すっきり フルート!で伝えたいこと

こんにちは!

レッスン動画配信になりました。
→アルソ出版

テロップ、大切なのですね。
レッスンの進行や内容がわかりやすい!

以前アルソ出版さんにはアレクサンダーのレッスンを取材に来ていただきました。その時は楽器がフルートではなく、トロンボーンとバリトン・サックスでしたので、生徒さんの奏でる音の変化が大きく、吹奏感が良くなったり楽器を軽く感じるようになった事など、そのワークを実際に見て聴いていただきました。

この時のお話で担当の方と一致した想いが

アレクサンダー・テクニークを必要としている人がたくさんいるので知ってもらいたい!

というものでした。その想いが形として表されるのは素晴らしく、ありがたいことだと思いました。みなさんのお役に立てれば幸いです。

アレクサンダーのレッスンはシンプルなワークです。動画をご覧になっても「これだけ?」と思うかもしれません。でも生徒さんの体験する事は激アツ。多くの人は「何でこんなに楽に吹けるの!?」と感想を言います。詳しくはレッスンなどサイト内をご覧ください。

撮影はどんなもの?
ちなみに公開されたレッスン動画、撮り直しはしていません。一回こっきりの「がち」レッスンです。

お聴きのとおり生徒さんの演奏は良くなりました。ほんの少しの事で演奏って変わるんですね。

それに対して、私の冒頭のしゃべりは何度も撮り直しました(笑)

カメラの前にカンペもあるんですよ(笑)

なのにカミカミ…

結局、少し時間もらい考えを整理してから撮影やり直し。何とかクリアした感じです。次回はここを上手いことクリアしたいと思います。

個人的には反省多き第1回の自分のしゃべりでしたので、第2回「緊張」では私が如何に成長するかもお楽しみに(笑)

レッスンを受けてくれる方を募集しています。緊張と向き合う絶好のチャンスです。

撮影という状況で緊張して、それをどのようにコントロールしていくのか一緒にワークしませんか?

アレクサンダーのレッスンを体験(無料)して緊張を見方につけてしまいましょう!

詳細はこちらから

アルソ出版からもお申込みいただけます

みなさまの音楽のために

フルート奏者
アレクサンダー・テクニーク教師
大熊克実

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする