音楽の本質はこれ!

こんにちは!

こんな所にアンサンブル・合奏の真髄がありました。

YouTube で見た鍵盤ハーモニカのデュエット

ショスタコーヴィッチ「祝典序曲」ムスルグスキー「はげ山の一夜」ドヴォルザーク「新世界」などを見事に演奏し、ビジュアルでも遊んでいます。

爆笑で楽しんで見ていました。しばらくして気づいたのは、メロディを奏でていると思って見ていた人が実は「伸ばし」でした。

これがわかった時は逆に快感!

伸ばしている伴奏の人が、さもメロディを演奏しているようにしている。ノッテるんですね!

これはメロディに寄り添って伴奏を表現しています。実際に音の抑揚をつけて盛り上げています。鍵盤ハーモニカなので息でコントロールしています。

ここまで自在に演奏してくれると本当にスッキリします。

ユーチューブでnight of bald mountainなどで検索してみてください。笑えます!

みなさまの音楽のために

フルート奏者 大熊克実

→メルマガをもらう
→レッスンについて見てみる
ツイッター