オッテンザマーたちのコンサート最高!

こんにちは!

クラシック界のスーパーブラザーズ、アンドレアス・オッテンザマー(ベルリン・フィル首席)とダニエル・オッテンザマー(ウィーン・フィル首席)のコンサートへ行ってきました!

こんな兄弟が居るんですね(笑)

音楽家にはファミリーで音楽家ということはよくあります。世界最高峰のオーケストラでそれぞれ首席とはおそれいりますが、育った環境や持って生まれた才能を考えれば「成る可くして成った」とも言えます。

音楽家であれば「合わせる」という意識は無意識レベルまで達していますが、兄弟ということで「より合う」現象があるのかもしれません。

ただ、これは仲が悪かったらここまでは成立しないので「悪くはない」のでしょう。

アンサンブルとして感心したのは、デュオの時には音色から音楽に至るまで瓜二つの演奏をします。よ〜く見ないとどちらが吹いているかわからないのです(笑)

でも、それぞれのソロ曲では明らかに違う人。

アンサンブルとソロを吹き分けているんですね。

これはオーケストラで培われたスキルかもしれませんが、今この時の音楽はどうなのか、自分がどうするのかを反射的に判断して演奏をする、とても高度な匠の技ということです。

プログラム最後のティコ・ティコでは、冒頭に「熊ん蜂」を吹いたらティコ・ティコにスライドして良かったと思ったら「はげ山の一夜」になって「田園」「こうもり」「動物の謝肉祭」など名曲のリレー。田園と動物の謝肉祭では「カッコウ」が鳴くのですが、舞台上を歩き回り色々な所からカッコウを吹くパフォーマンス。

会場も巻き込んで演奏者も楽しみながらのステージには笑ってしまうほど感激しました。

世界最高峰のオケマンがこんなパフォーマンスをしたら感激するしかありません。素晴らしい夕べでした。

弟くんは終演後のCDサイン会にサントリーモルツの500ml缶を開けて登場したそうですが、ご愛嬌ですね。

素晴らしいコンサートでした!

あっ、ドップラーもそうだった。白尾ブラザーズもそうだった。徳永ブラザーズもそうだった(もっとたくさんいる)。

音楽界は深い…

みなさまの音楽のために

フルート奏者 大熊克実

<a href=”http://www.okumakatsumi.com/mailmaga” target=”_blank”>→無料メルマガを見てみる</a>

<a href=”http://www.okumakatsumi.com/atlesson1″ target=”_blank”>→レッスンについて

</a>  ツイッター  https://twitter.com/okumakatsumi

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする