冷静な判断、お見事!プロの仕事

こんにちは!

フルート専門誌「ザ・フルート」で記事の執筆を依頼された時に書いたハプニング。

舞台の歌と演奏がズレている…

これは一大事ですが、対処できるかどうかは指揮者を始めオーケストラが何処でどのように機転を効かせるかにかかっています。

実は今日そんなことがありました。

舞台上の歌は一拍遅れたまま歌い続けている。2小節目辺りで改善できないな、と私は判断しました。

5小節目には歌とユニゾンのフレーズがフルートにはあります。

3小節目で私は決断しました。

歌に合わせる!

もちろん周りがどうするかも気をつけます。

ただその箇所は私がメロディですので、覚悟を決めて「ハイ、合わせて!」と吹く事を決めました。

ズレたまま4小節目がやってきて、ユニゾンが迫ってきました。

4小節目 1、2、3、4、5?

指揮者が4分の4拍子の曲なのに5拍目を振っているように見えました。

そして5小節目のユニゾンがやってきました

何と見事にオーケストラ全体は5小節目の1拍目で合いました。全員が役者の歌に合わせ演奏したのです!

つまり、オーケストラ全員がここで舞台上の役者さんに音楽を合わせたのです。

感動的な瞬間でした!

でも、この曲が終わっても特にどうということもなく、終演後も「大変だったね」という会話もなく、普通に他の話題で盛り上がっている。

みんなスゴイよ!

今日はおもしろかったです!

 

みなさまの音楽のために

フルート奏者 大熊克実

→メルマガをもらう

→レッスンについて見てみる

ツイッター