ここに演奏家との共通点があった!

こんにちは!

先日寿司屋のカウンターでの出来事。

お腹がすいていたので、はじめに中トロを一貫と納豆巻(細巻)をお願いしました。

出てきた中トロを食べてみたら

ん?

少々筋張っていてザラザラな食感。

中トロといえば滑らかで脂の乗りもほどほどで、旨味を感じられるはずですが、今回は何か残念な感じ。

もうこれだけで帰ろうと思い、次の注文はしないでお酒を飲んでいました。

すぐに納豆巻きが来て、食べ終わろうかという頃に、その現場の責任者らしき大将が登場しました。

仕事を見ていると明らかにさっきの職人さんとは違う。

美味しそうなんです!

何が違うのかとても興味が湧いて来たので、しばらく観察することにしました。

すぐに明らかだったのは、周りの気配を気にしていること。

私が目の前で興味津々オーラを出していたので、それはかなり強く感じたと思います。

そしてさりげなく、食べたり飲んだりしているところを見ています。

これはお客さんの要望に応えるための気の利いた行動です。

私のネタや飲み物が減って来た時に、もっと食べたい、飲みたそうな雰囲気を出したら何らかの声かけがある事でしょう。

そんなことを見ていたらいたずら心が芽生えてきました。

中トロ頼んでみよう!

一貫注文して出てきたのは見た目さっきとは別物。食べてみたら柔らかい食感で甘く口に溶けていきます。

そこで大将に声をかけました。

中トロ美味しいですね

大将は「今日の中トロは筋が多いから大トロ出しました。でもこのくらいが普段の中トロなんですけどね。」と言っていました。

なるほど!

商売なのかもしれません。本心かもしれません。

わかりませんが、私のニーズに応えてくれました。

これが大将なんだなと思いました。

寿司が握れるだけではなく、お客さんの求めるものを提供する心を持っている。

実はこの大将の心持ちは、演奏でも全く同じなのです。

演奏中に周りも含め、共に音楽を作っていく。

音楽にも通じる心をお寿司屋さんで再発見しました!

みなさまの音楽のために

大熊克実

フルート奏者
アレクサンダー・テクニーク教師(仮免)
→メルマガをもらう
→レッスンについて見てみる
ツイッター

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする