swingの吹き方

(PCからご覧の皆様には申し訳ありません。写真が90°傾いています。)

みなさん、こんにちは!

今回はJazz系の譜面によく書いてある
swing
についてのワンポイントです

swingと書いてあったらどう吹きますか?

ご存知かと思いますが
イーブンの8分音符を
だいたい2:1:2:1くらいな感じで吹きますよね
image

ここでちょっと気にしてほしいのは
2:1である!
のではなく
「だいたい2:1な感じ」

ということです

これはすべて「ノリ!」

Jazzの発祥はニューオリンズですよね

白人が吹いている音楽を
黒人がマネをしたそうなのですが
マネをした際に
8分音符をイーブンでできなくて
ルーズな付点がついてしまった!?
らしいです。

ところで
イーブンの音符に付点付けると面白くなりませんか?

木管楽器は速いパッセージを練習する時に
よく付点をつけて練習します
image

結構たのしいです

付点の位置を反対にして
2種類のリズムパターンで吹くので
理にかなったオススメの練習方法です
ちょっと脱線しましたが
話をもどしますね
初期のジャズは白人のビッグバンドなどで発展していきます
スイングはそこで育っていったのです

バンドで取り上げる時には
この「ノリ」を感じてみましょう

ダンス音楽なので
踊っちゃてもいいかも!

〜いい感じ〜
になると思いますよ。


厳格に2:1ではなく

ルーズに
だいたい2:1くらい

でいきましょう!


たのしい音楽を

大熊克実

フルート教室・楽器を演奏する人のためのアレクサンダー・テクニーク教室